自宅の床をコーティングしよう

部屋

自身でフロアコーティングをする

フロアコーティングは、一人でもできるって知っていましたか?コーティングに必要な材料を用意して、コーティング剤をキレイに塗るポイントさえ押さえておけば、誰でも簡単に自宅の床をコーティングすることができます。

塗るルートを考える

diyでコーティングをトライするにあたって、大切なのが塗り進めるルートです。コーティング剤は一度、塗った場所は通れません。ですから、部屋の全体的な床を塗るために計画的なルートを考えましょう。ルートは外から内側に塗り進むことが基本です。

部屋の温度と湿度

コーティング剤の乾燥スピードには種類以外にも、気を付けないといけない点があります。それが、部屋の温度と湿度です。室温が高くて、湿度が低いほど、コーティング剤の乾燥は早いので、熱いときに作業をする時には注意しましょう。

素早く仕上げる

コーティング剤をキレイに塗るのに、一番重要なのが塗り進めるスピードになります。素早く作業しないと、作業が終わる前にコーティング剤が固まってしまう恐ればあるので、できるだけ素早くコーティング剤を塗るように心掛けましょう。

diyに必要な道具を知ろう

掃除機

まず、事前に用意しておきたい道具の一つとして、掃除機が挙げられます。家庭用でいいので、フロアコーティングをする前には、掃除機で床に残っているホコリや塵などを徹底的に吸い取っておきましょう。床を綺麗な状態にすることが大切です。

中性洗剤

床の油汚れはフロアコーティングの耐用年数に関わってくる重大な問題です。ですから、コーティングの前に中性洗剤で油汚れをしっかりと落としておきましょう。使用する中性洗剤は台所用の洗剤で十分なので、中性洗剤を別に購入する必要はありません。

モップ

モップはフロアコーティング用に新しく購入するといいでしょう。日常生活で使っているものですと、ホコリや塵が混じっている可能性もあります。ですから、コーティングにホコリや塵が混ざらないためにも、新品を使用しましょう。

コーティング剤

フロアコーティングのdiyで一番のメインはコーティング剤です。コーティング剤にも、種類がありますので、自身の好みにあったものを選ぶといいでしょう。しかし、そのコーティング剤が住宅に優しいものかしっかりと見極める必要もあります。

養生テープ

フロアコーティングには養生テープが必要になってきます。この養生テープの役割は、ドアや玄関などにコーティング剤が付かないようにすることが目的ですから、付着させたくない部分に貼るといいでしょう。